« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月31日 (水)

砥峰高原のススキ

Dsc_3694_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3724_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3814_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3948_00001e38388e383aae3839fe38

Dsc_4009_00001e8a39ce6ada3e383aae38
(撮影日:2018.10.28 場所:砥峰高原)

ススキがちょうどいい具合だろうと、砥峰高原へ。
お天気も良く、ススキは太陽に照らされてキラキラ。
見ている分には綺麗なのですが、写真となると…。
でも、一面のススキは見応え有でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

竹田城跡まで行ってみた

Dsc_3547_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3606_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3580_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3618_00001e8a39ce6ada3e383aae38

Dsc_3469_00001e8a39ce6ada3e383aae38

Dsc_3511_00001e383aae382b5e382a4e38
(撮影日:2018.10.28 場所:朝来市)

太陽が昇ってしまってから、せっかく来たのだからと、竹田城跡へ。
石垣が面白く、なかなか見応えがありました。
竹田城跡へ行く途中にあった、虎伏城大橋が綺麗な形。
のどかな田園風景に、突如現れたアートという感じで…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

天空の城ならず…

Dsc_2759_00001e8a39ce6ada3e383aae38

Dsc_2978_00001e8a39ce6ada3e383aae38

Dsc_3012_00001e8a39ce6ada3e383aae38

Dsc_3311_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3331_00001e383aae382b5e382a4e38

Dsc_3424_00001e8a39ce6ada3e383aae38
(撮影日:2018.10.28 場所:朝来市・藤和峠)

竹田城跡の雲海を撮りたいと、藤和峠に出かけてみました。
10月は毎日のように雲海が出ていたそうなのに、
行った日は、ナント気配なし。
仕方がないから日の出でも撮って帰ろうと思っていたところ、
太陽が出てから、少し霧が…。
天空の城にはほど遠い状況でしたが、自然のことなので致し方なし。
まあ、山並みは綺麗だったので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

白のカクタス

Dsc_2744e383aae382b5e382a4e382ba

Dsc_2737e383aae382b5e382a4e382ba
(撮影日:2018.10.20 場所:自宅)

先日購入したカクタスの花が咲いた。
真っ白で可憐。
同じカクタスでも、色が違うと雰囲気が違うもので…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

コスモス

Dsc_2116_00001

Dsc_2119_00001
(撮影日:2018.10.12 場所:亀岡市)

用事で亀岡を通ると、コスモス畑が満開に。
時間がなかったので、中には入らず、外からちょっとだけ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

緑と木立

Dsc_1868_mini

Dsc_1884_mini

Dsc_1907_mini

Dsc_1919_mini

Dsc_1934_mini

(撮影日:2018.10.10 場所:和歌山・高野山)

高野山の杉木立が印象的。
杉の木と池、伽藍、鳥居…。
まだ紅葉には早い緑も、美しくて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

目力

Dsc_1856_mini

Dsc_1858_mini

Dsc_1859_mini

Dsc_1860_mini

Dsc_1861_mini
(撮影日:2018.10.10 場所:和歌山・高野山)

高野山へ。
壇上伽藍エリアしか行けなかったのですが…。
中門に祀られている四天王の目力に圧倒されて。
広目天の胸にはトンボが、増長天の胸には蝉が止まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »