« 雨の砥峰高原 | トップページ | お母さん待って~ »

2012年7月13日 (金)

沙羅の花

007

010
(撮影日:2012.7.11 場所:兵庫県・應聖寺)

沙羅の寺と言われる、應聖寺。
花の盛りは過ぎていましたが、まだ少しだけ咲いていました。

|

« 雨の砥峰高原 | トップページ | お母さん待って~ »

写真・花」カテゴリの記事

コメント

>morichiミコさん
ありがとうございます。
そうですよね。
沙羅の花と言えば、私も平家物語を思い出します。
ミコさんのおっしゃるように、
この花が一面に落ちている様子は、とても魅力的ですね。

投稿: | 2012年7月13日 (金) 19時01分

>ポピーさん
ありがとうございます。
清々しく綺麗な花ですよね。
もっとたくさん咲いている時に行けたらよかったのですが…。

投稿: | 2012年7月13日 (金) 18時59分

おはようございます
祇園精舎の鐘の音・・諸行無常の響きあり・・
平家物語を思い出す花・・
この花が落ちる時は音がするなんて・・
じいっと花の落ちる様子を観ていた日・・
有馬の念仏時の事を思い出しています。
苔に落ちる花には音がしませんが・・
一面に花が落ちるさまは美しかったです。
この花が好きで京都・姫路の奥まで出掛けていました。
万博ではちらほらでしたが見る事が出来ました。
この花には夢がありますね。

投稿: morichiミコ | 2012年7月13日 (金) 08時28分

沙羅の花 いいですね
梅雨の蒸し暑さを吹き飛ばしてくれるような
そんな清々しい花ですね
ありがとうございます

投稿: ポピー | 2012年7月13日 (金) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572929/55182094

この記事へのトラックバック一覧です: 沙羅の花:

« 雨の砥峰高原 | トップページ | お母さん待って~ »