« エキウム・ウィルドプレッティ | トップページ | 野茨(ノイバラ) »

2011年5月20日 (金)

立てば芍薬…

               <クリックしていただくと拡大します>
015
(撮影日:2011.5.18 場所:京都府立植物園)

美しい女性を形容する言葉として知られる
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」。

立ち姿の美しさに芍薬が選ばれたのは、
どうしてなんでしょうね。
“スラリと伸びたまっすぐな茎の先端に花をつけるから”
という説もあるようですが…。

|

« エキウム・ウィルドプレッティ | トップページ | 野茨(ノイバラ) »

写真・花」カテゴリの記事

コメント

>morichiミコさん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
この美人さんは、ちょっと太陽の光が強すぎて…。

世の中にはたくさんの花があるので、
ひとつくらいは自分をたとえられるものがあるのでは…
と思うものの、いざ、「何に?」と尋ねられると、答えられないですよね。

投稿: 空 | 2011年5月20日 (金) 19時02分

こんにちは
バックが黒ですっとした立ち姿良いですね
花のたとえで言われますが私などどの花にも適しません・・
美人に生まれたかったです。

投稿: morichiミコ | 2011年5月20日 (金) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572929/51719441

この記事へのトラックバック一覧です: 立てば芍薬…:

« エキウム・ウィルドプレッティ | トップページ | 野茨(ノイバラ) »